学長「中学生で英検1級を取ること」について考える


バリューイングリッシュの学長の堀場です。先日生徒様から、中学生で英検1級を取るとはどういうことか、何が起こっているのかと問い合わせがありました。私なりに考えてみました。

Continue reading 学長「中学生で英検1級を取ること」について考える


お悩み相談「時間をかけないと満足のいくessayが書けない」に対する学長堀場の回答


前回のブログでは、英検1級を目指されているお客様からいただいた「時間をかけないと満足のいくessayが書けない」というお悩みに対して、今回の英検1級一次試験に合格された方からいただいたアドバイスをご紹介させていただきました。「いいね!」を下さった皆様、ありがとうございました。

今回は学長堀場からのアドバイスをご紹介させていただきます。

Continue reading お悩み相談「時間をかけないと満足のいくessayが書けない」に対する学長堀場の回答


1級ライティングのアドバイスとExcellent評価のエッセイご紹介


英検一次試験が迫っています。リピート続出のライティング対策講座も、今月既に60本以上のエッセイが届いています。各級フィードバックが翌日届くエクスプレスサービスもございますので、最後まであきらめずに練習しましょう!

1級ライティング対策講座の詳細及びお申し込みはこちら

準1級ライティング対策講座の詳細及びお申し込みはこちら

2級ライティング対策講座の詳細及びお申し込みはこちら

先日1級の3コース15題をすべて終えられたお客様から、テストまでにできることは?とご相談がありました。
学長堀場からのアドバイスは下記の通りです。

Continue reading 1級ライティングのアドバイスとExcellent評価のエッセイご紹介


【2020年度英語大学入試改革】民間試験・資格活用ガイドライン案公表


大学入試センターは、2020年度大学入試改革より採用される英語4技能を測定するための民間英語資格・検定試験の活用において、23の資格・検定を公表しました。

今回の大学入試センターの発表や、国立大学協会による「大学入学共通テストの枠組みにおける英語認定試験及び記述式問題の活用に関するガイドライン」で分かったことは、いずれの試験にせよ、すべての試験をCEFRをグローバルな基準(ものさし)として相関を取り、CEFRに沿った形で評価するということです。

これは、当初バリューイングリッシュでも予測していた通りでした。当校としては、今まで10年間提供している英検やIELTS対策で2020年大学入試で満点(CEFR B2、英検準1級レベル)を取るのに十分な対策を取ることが可能です。

Continue reading 【2020年度英語大学入試改革】民間試験・資格活用ガイドライン案公表


通訳案内士有資格者の方で観光庁研修を受験予定の方へ


学長堀場です。前回私のつぶやきに反応くださり、ありがとうございました。さて、平成30年度観光庁研修(全国通訳案内士試験受験予定者向け動画研修)にはお申し込みされましたか、受験されましたか。

私、受けましたよ!しぶしぶ。

流れとしては、180ページあるPDFを読み、ビデオ60分×3回見て、効果測定テストの受験。

180ページ読んで、ビデオに180分?!うんざりですよ!

暇人じゃないんですよ!って思いますが、これも何を求められているのかから逆算すれば、30分かからずに終わります。興味ある方は、下記私の受験の仕方を参考にしてください。

Continue reading 通訳案内士有資格者の方で観光庁研修を受験予定の方へ


学長堀場のつぶやきと通訳案内士有資格者の皆さんへお知らせ


こんにちは、学長堀場です。今日の前半は私のつぶやきです。

以前、老後の趣味にと、がんばって取った資格があります。通訳案内士という資格です。最近、某大手旅行会社の利権を中心に、この資格の排他業務が廃止されました。つまり、通訳案内士を持っていないと、お金を貰って外国人向けのガイドをしてはダメですよという法律があったのですが、それが廃止。まぁ、これも一度資格を取った身からすると、ふざけんな!と言いたいのですが、観光立国のためなら仕方ない。

しかし、これに重ねて、5年に一度、研修を受けないと資格を停止するらしい。なんのために?資格を持ってる人にとって何のメリットがあって?

Continue reading 学長堀場のつぶやきと通訳案内士有資格者の皆さんへお知らせ


通訳案内士試験改定ポイントと合格者からのアドバイス


今年度の通訳案内士試験の申し込みが5月25日から始まります。今年度2つの改定ポイントがあるそうなので、学長堀場がこのポイントについて解説します。

TOEICは900点以上で英語の試験が免除に

これまではTOEIC 840点で免除となっていた英語の試験ですが、今年度から900点に上がりました。これは、英検1級との相関を取ったと思われます。学長堀場の考察としては、科目合格を狙う場合、これからの時代背景を踏まえてもCEFRに準拠(日本ではIELTSは英検協会が実施)している英検をせっかくなら活用するのが良いと思います。

通訳案内の実務試験が追加に

Continue reading 通訳案内士試験改定ポイントと合格者からのアドバイス


準1級を取得後10年経過、1級を目指したいけど・・・


先日お客様からこんなお問合せをいただきました。

英検1準1級を取得してから、10年が経過しようとしています。現在自分の時間が持てるようになったので、そろそろ1級を目指して勉強をしようと思っていますが、なにせ10年のブランクがあるので何をどうしたらいいかわからない状況です。アドバイスいただけましたら幸いです。

学長堀場からの回答は下記の通りです。

Continue reading 準1級を取得後10年経過、1級を目指したいけど・・・


2020年の英語大学入試 スピーキング試験の認定試験ついに決定!?


2020年の英語大学入試では、民間試験の活用が予定されています。どの民間試験が「認定試験」(大学入試英語成績提供システム)に選定されるか?は18年3月に公表予定です。現在、この認定試験に申し込んでいる試験は以下の通り。

Continue reading 2020年の英語大学入試 スピーキング試験の認定試験ついに決定!?