危機的な日本の英語教育!?:平成26年度 英語力調査(高校3年生)結果の概要に対する考察


日本の英語教育が危機的!

平成26年度 英語力調査(高校3年生)結果の概要がやばい!という記事を見たので

実際に分析してみました

この結果を見て、日本の英語教育が終わったと批判している人がいますが、

これは調査事態がゆがんでいるのでは?と思います

 

以下は調査結果をまとめた表です。この結果を見ると確かにやばい。

7万人の高校生が受けてなんと2級レベルに到達しているのが2%程度

英語調査2

これ、なんか違和感あるんです。ちょっと考えてみました

2014年のセンター試験受験者数は、532,350人

単純に同じ層ではないですが、まぁ大学に行かない人は別に英語なんて必要ないので

この人たちは英語ができるのか?見る必要があります

単純に同じ母数ではないので2%かけるのは間違いではありますが、

 

今回の結果2%をかけてみると53万人×2%=1.06万人

そう、1万人しか2級以上じゃないとうことになります

 

では、センター試験を受ける人=大学受験者として

上から一万人をカウントするとどうなるか?

2014年の東京大学入学者数3,099人、

慶応義塾学士入学者数 6,400人、

旧帝大7大、早慶上智を東大入学者数(=国立大)、慶応入学者数(=私立大)として

トップレベルの大学への合格者数は

3,000*7+6,400*3=40,2000人

そう、4万人くらいはいわゆるトップ大学に合格するわけです

こう考えると、トップ大学の1/4しか2級以上じゃないとなりますが

まぁ、それはありえないでしょ。

 

かなり雑ではありますが、なんか違和感あるなぁと

※ちなみに国立はほぼ確実にセンター試験を受けるので、それだけで2万人

旧帝大の50%しか2級レベルじゃないってなります

 

なんで文部科学省はこんなデータ出したんだろう??

と、意図が気になるところです

 

日本の英語教育はひどいですが、この結果ほどではないかなとはおもいます

 

参考URL

平成26年度 英語力調査(高校3年生)結果の概要

驚愕の日本の英語力調査結果