学長「中学生で英検1級を取ること」について考える


バリューイングリッシュの学長の堀場です。先日生徒様から、中学生で英検1級を取るとはどういうことか、何が起こっているのかと問い合わせがありました。私なりに考えてみました。

中学生で英検1級合格は個人的には早いと感じますが、これから2020年に向けて、旧帝大・早慶を目指すレベルの子は中学生で英検準1級は取るようになってくると思います。学年のトップ10%レベルでしょうか。このレベルの子は高2時点で英検1級をとってくるようになると予測しています。準1級は日常会話レベルですので、このレベルを中3が取ることに関しては私は全く違和感がありません

いわゆる上位30~10%で、中3で2級、高校2年で準1級というようなのが一般的なできる子のイメージです。

英検1級の4技能まで学習時間でおよそ3000時間、準1級までで2000時間くらいです。仮に1日2時間勉強するとすると、週に5日、毎日2時間、盆と正月は休むとして500時間勉強できます。6年あれば、3000時間に到達しますので、数字的には中学生でも十分手が届きます。

リーディングはやっかいですが、リスニングはそれほど難しい単語はでませんし、ライティング、スピーキングで求められる語彙レベルは90%は結局3000語彙以下のレベルに落ち着きます。つまり、小難しい語彙ではなく、アウトプット重視で対策を講じれば新聞を読む習慣があるような子であれば、1級が中学生で取れてもおかしく有りません。

また、最近では、スマホでGoogleの音声認識を活用し発音のチェックも簡単にできます。こういったツールが非常に充実しており、先ほど申し上げた学習時間を2-30%短縮することは十分可能です

非常に大きな世の中の変化が起きていて、かなり知識自体が陳腐化してきています。正しい問いさえせっていできれば、うちの5歳の子どもですら、アメリカの大学院で工学の修士を持っていて、英検1級の私よりも有る分野で圧倒的な知識(私よりも賢くなる)ことは可能です。スマホに正しい質問をすれば、答えを文字が読めなくても読み上げてくれます。

個人的には、中学3年生では2級~準1級で十分と考えており、それ以上の投資をするくらいなら日本の文化を学ぶ等多感な時期に日本ならではのことに取り組むことをおすすめしています。というのも、英検1級レベルなんてアメリカ人の中に入れば英語ができない分類になってしまいますので。一方で、空手の黒帯は日本では価値はそれほどないですが、アメリカでは評点が高くなります。

以上、英語の修得時期に関して私見をのべさせていただきましたが、皆様のご参考になれば幸いです。