【永久保存版】フォニックスを学ぶオススメ動画


バリューキッズでは、英語を学ぶにあたりフォニックスをマスターするようプログラムを組んでいます。アルファベット一つ一つの音を覚えることで、自然と単語が読めるようになるからです。今日はそんなフォニックス学習に役立つ子供向け動画をご紹介いたします。

入門編:ひとつひとつの音を理解する

まず一つ一つのアルファベットと音を繋げるのに役立つ歌がこちら。聞いていても心地よい歌で、オススメです。授業では一つ一つの音をじっくり勉強しますが、まとめて学習するにはこの歌がとっても便利です!

次はちょっと元気な歌、Fun with Phonics!こちらも一つ一つのアルファベットに対して、かわいい絵付きで音を紹介してくれています。この歌のお気に入りポイントは、絵が可愛くて、発音する時のイメージをちゃんと絵にしてくれているところです。例えば、Bbならスイカの種を「ブッブッ」と飛ばしている絵ですし、Hhなら寒そうにしながら「ハッハッ」と手を温めている絵です。発音のポイントを押さえていて、とってもわかりやすくオススメです。

また、歌ではないですがAlphablocksはご存知でしょうか?イギリスBBCの幼児向けチャンネルCBeebiesでやっていた番組で、各キャラクター(ブロック)に自分の音があります。それこそがフォニックスなのです!例えばbのキャラクターは、身体にはbと書いてありますが「ブッブッ」という音を発します。このシリーズはストーリーがあるものもあって面白いのですが、まず基本中の基本、一つ一つの音を紹介しているこちらの動画を見てみてくださいネ。

中級編:音と音を繋げてみる

一つ一つのアルファベットの音をマスターしたら、だんだんとそれを繋げて読む練習をしていきます。そんな時にオススメの動画をご紹介します。

先ほど紹介したAlphablocksのシリーズですが、こちらがひとつひとつの音を繋げて読んでみるとどうなるかを紹介してくれているオススメ動画。前半は一つ一つの音の紹介なので、2’20”くらいから見てみてください。

上級編:二つ一緒になると音が変わる!

さらにレベルアップすると、eはひとつなら「エ」なのに、繋がると「イー」になる、そして最後の「e」は発音しないなど細かいeの説明をしてくれている動画がこちら。大人でも「へ~、なるほど!」と納得してしまう内容です。

同じworking togetherシリーズで、wとh、pとhが「フ」になる、eとaが繋がると「イー」になるなど紹介しているのがこちらの動画

なんだかAlphablocks推しになってしまいましたが、バリューイングリッシュではまず入門編の一つ一つの音を覚えるということを徹底していきます。正直、中級編や上級編のレベルは、単語に触れていく中で自然に身に付いていく部分がありますので、あまりこれとこれがくっついてこの音になる!とガンガン教え込むよりは、たくさんの単語に触れていくことの方が有効だと考えています。そういう意味でも、一つ一つの音を学んだ後には、キクタンでの単語学習を取り入れています。

バリューキッズでは、随時無料体験を受け付けています。英検1級まで指導できるプロの講師と一緒に英語を学びませんか?