バリューキッズ!多読について考える

バリューキッズ

カスタマーサポートの岩田です。先日お嬢さん2人をバリューキッズで学習させてくれている友人から『楽しい「こども英語」はなぜ身に付かないの?』という本を紹介してもらいました。そこでポイントになっていた多読について、今日は考えてみようと思います。

子どもの英語学習、何を重要視していますか?子どもなので楽しく学ぶことが最重要事項だとして、その後に来るのは何でしょうか?話せること?読めること?どちらも大切ですが、この本の中で著者の松井義明先生は「読む力」の大切さを訴えています。

では、巷の英会話教室でその力は十分に付けてくれているのでしょうか。そこでは英語を楽しく話す練習はしていると思いますが、読む力をつける対策は十分ではないことも多いと思います。本当に英語を身に付けたいと思うなら、読む力をつけなければなりません。耳で聞くだけの情報と、目で見る情報、百聞は一見にしかずということわざがあるくらい目で見る情報は大切になってきます。

この本の中でも紹介されていて、松井先生の主宰する塾でも使われているORT。バリューキッズでも、このORTをメイン教材にして授業をしています。ORTはイギリスで国語の教科書として採用されているものであり、1冊の長さといい、絵の可愛さといい、オチのあるストーリーといい、心の底からこの教材は素晴らしい!!と思えるものです。実際に私も娘たちをORTの多読で育てている親の一人です。ずばり、私が実感しているORT多読の成果を紹介します。

・英語の本も気軽に読める!

簡単なものに限りますが、娘たちは英語の本だからと言って毛嫌いすることもなく、自分で眺めたり声に出して読んだりしています。読書の習慣に英語の本も含まれていることは、親としては大変嬉しく思います。

・フレーズが自然に身に付く!

英検対策に重要フレーズを単語帳で学習!なんてしなくても、多読で自然と身に付いています。例えば英検5級で良く出る熟語に、get upやlook atがありますが、これも迷うことなく自然に単語を選べます。

・英検4級程度の長文も抵抗なく読める!

長女は年長で英検5級を取得し、現在小学校1年生。今回の英検は見送りましたが、次回2020年度第1回で4級を受験する予定です。少し過去問を解かせて気付いたのが、長文もスラスラ読めること!ORTで長い文を読むことに慣れているからか、まとまった文も抵抗なく読めることに驚かされました。

・パプリカの英語バージョンを 歌詞を見て一生懸命歌う!

これは最近微笑ましかったことです。あの昨年レコード大賞を受賞したパプリカが英語バージョンも出したのをご存知ですか?それがテレビで流れたのを見て、一生懸命歌詞を追いながら英語で歌ってました。うまくは歌えてはいませんが、読めるって世界が広がる!と実感した瞬間でもありました。

せっかくやるなら、身に付く英語を始めませんか?

英検5級レベルまでを目指すコースはこちら

英検3級(準2級)までを目指す中級コースはこちら

無料体験レッスンも随時受付中です。会員登録をしてマイページで、もしくはメールにてお申し込み下さい。お待ち申し上げます!


Copied title and URL