フィリピンの英語が評価される理由


先日あるお客様から、こんな声をいただきました。

今までネイティブにこだわっていたけど、バリューイングリッシュを受講して無駄金を叩いてきたことを痛感しました!(英検1級講座を受講された方より)

みなさんは、フィリピンの英語にどんな印象を持っていますか?訛っている?!確かに訛っている人もいます。でもみなさん、下記の事実をご存知ですか?

フィリピンはビジネス英語指数(BEI)が第一位

ビジネス英語力を測る指標に「ビジネス英語指数」(BEI)があります。ビジネス英語指数は、アメリカ合衆国GlobalEnglish社が世界各国の労働者を対象に、職場で使用する英語能力を1から10までの10段階で評価したものです。

2013年と少し古いデータになってしまいますが、こちらで順位をご覧いただけます。1位はフィリピン(7.95点)で、2位はノルウェー(7.06点)、3位はオランダ(7.03点)という結果です。

このビジネス英語指数(BEI)ですが、非ネイティブスピーカーの実用的なビジネス英語能力を国別に評価しているので、グローバル企業が拠点を置く際に考慮する一つの指数となっているそうです。フィリピンのコールセンター数が世界第1位と言われているのも、これが理由のようです!

セブの学校はすべての授業が英語で行われている

セブではセブ語、マニラではタガログ語というように、フィリピンでは各地域にそれぞれの言語がありますが、学校の授業は全て英語で行われています。つまり小さいころから、第二言語として英語を学んでいるのです。ちなみに、フィリピンの中でもセブの英語が一番キレイと言われているのをご存知ですか?リゾート地で観光メインの場所ですので、キレイな英語を話す人が多いようです。

Ems先生の発音を真似するのが楽しいです!

バリューイングリッシュの講師も、訛りが少なくキレイな英語を話す人が多いのですが、特に発音がキレイだと好評をいただくのがEms講師です。お客様から、こんなお声をいただいています。

・発音は、英検2次においても得点をなかなか上げられなかったので、何とかしたいと思っている分野です。良い発音を身につければ、苦手なリスニングも上達するのではないかと思い頑張っています。エムス先生の発音をよく聞いて、真似をするのがとっても楽しいです。

・発声がクリアでリズミカルな感じが、まるでネイティブと話しているようでした。おかげさまで普段のNO英語生活から英語脳生活への変遷がスムーズに行きました。ポンポンあれこれ色々会話するので硬い頭が次々とほぐされていき、頭の隅々まで英語シャワーが浸透しました。何より楽しく心地よく昔からの親友と話しているような開放感でした。

フィリピン人の英語が評価される理由をご理解いただけたでしょうか。講師全員がフィリピン在住のバリューイングリッシュ。引き続きよろしくお願い申し上げます!