子どもの英語教育: 何歳までにどれだけの英語力が必要か?

英語学習アドバイス

学長の堀場です。

最近、小学生で英検一級を受ける子がいます。
こういうのを聞くと本当にそれが有効な時間の使い方かな?
と少し違和感を感じます。

そこで二歳の男の子の父親であり、アメリカ留学も経験し、ボストンコンサルティンググループなど一流外資で働いた経験から、

自分の子供にはいつまでにどれだけ英語ができるようになってほしいか?考えてみます。

自動翻訳機が開発されてそもそも外国語を学ばなくても良いときがくる可能性はありますが、

それは考えずに、今後も教養として外国語を学ぶということはなくならないという前提で話を進めます。

私の意見は、

高校卒業時に、英検1級
中学卒業時に、英検準1級
小学校卒業時に、英検準2級~2級

幼児教育ではとにかく大量に聞き、発音だけは身につける

これが、10年後を見据えたときに必要な英語力ではないかと考えています。

<なぜ高校卒業の時に英検1級相当なのか?>

それはIELTSやTOEFLといった試験でだいたいどの大学のどの学部でも入学できる要件として求められるのがこのレベルだからです。

つまり、もし留学したい!海外で学びたい!と思った時に18歳までに英検1級レベルまで高めておかないと世界で学ぶことができなくなってしまいます。

英検1級相当の語彙力は、1~1.5万語彙です。このレベルまで持って行くのは楽ではありませんが、世界への切符が手に入ると考えるとやる価値はあると思います。

<なぜ中学卒業時に英検準1級なのか?>
これは高校3年で英検一級から逆算しています。

 英検準一級は、語彙力でいうと7500語彙程度。これは日常会話の98%をカバーするというデータもあります
小学生ともなれば日常会話はほぼ日本語で完璧。その後に中学で英語での日常会話を身につけるのは有りというのが考え方です。

中学三年生頃には日常会話はしっかりできるようになっていてくれれば海外旅行に行ったり、

外国に友達を作れるようになるので、早い時期から外国との接点をもてるようになります。

中学卒業時に日常会話がかなりのレベルになっていれば、日本にやってくる外国人と接して海外の視点からみた日本を理解したり、

自身が海外に出たときにより多くを吸収できるはずです

英語は使ってなんぼ。英語で何かすることで学習のモチベーションも大きく変わり、英語力の向上にも差が出ます。

高校生という大人になる前の多感な時期に英語での日常会話がしっかりしていることは価値があります。

逆にコミュニケーションしようと思うなら自分にもネタが必要なわけです。

英検一級を無理に取ろうとして知識を詰め込むことに時間を浪費するなら、
多感な中学時代に、日本の伝統を学ぶ事に時間を使った方が良いです。茶道でも空手でもなんでもいいです。

英検一級でも「ネタ」を持っていない高1、英検準一級だけど空手黒帯の子がアメリカの高校に来たら、人気者になるのは確実に後者です。

英語は英語圏ではみんなが喋って当たり前のスキルですから。
一方で本場日本での空手黒帯は「ネタ」として価値があります。
実際、私自身も空手の黒帯がアメリカ留学生活で友達を作るのに大きく役に立ちました。

少しきつい表現ではありますが、英語だけできて、日本人ならではの強みが無いようでは、CDの入っていないラジカセです。

<なぜ小学校卒業時に、英検準2級~2級なのか?>
このレベルは語彙力でいうと3~5000語彙です。
因みに、Merriam Webster Learners Dictionaryは大卒のネイティブの語彙力を超えるレベルの5万語を、

3000語彙の定義語彙ですべて定義しています。

つまり、理論的には3000語彙あれば英語で英語の説明ができるといえます。

限られた語彙での説明は、工夫が必要ですが、子供はコレが得意です。

限られた語彙力を工夫し、意思疎通は十分に取れるレベルを小学校卒業時点で目指しましょうということです。

また、英語のはじめに覚える基礎的な語彙は、基本的に丸覚えしなければなりません。

3000語彙を越えたあたりからは「語源」で英語語彙を増やす事が可能になってきます。

小学校で九九を習うのは二年生ですが、このころまでは例えば九九のような意味のないものを暗唱する能力が子供には備わっています。

できることならコレくらいまでに丸覚えしなければならない語彙を覚えてしまうのは価値があると考えます。

 <プレスクール、幼児期はどうするべきか?>

幼児教育では、とにかく大量に聞き、発音だけは身につける
現在三歳のこどもを持つ親として、英語は私の子供の時代に必須と考えています。

私自身英語で大変苦労したので、同じ苦労は味わせたくない。高額な英語学習教材の購入も考えました。

ただ、この時期やらなければいけない必須科目は、発音だけだというのが私の結論です。

10カ月頃の赤ちゃんはありとあらゆる音素を認識できる、つまり、LとRの違いを認識する事ができるのです。
ただ使わないと必要ないと判断され、必要ないものは(日本人だとLとRの識別能力)失っていきます。
ちなみに、実際に留学するためにはIELTSやTOEFLでスコアを取る必要がありますが
英検1級=IELTS 7.0
英検準1級=IELTS 6.0
英検2級=IELTS 4.5
といったところです。

タイトルとURLをコピーしました