2020年度 英語大学入試改革:スピーキングはどんな試験?


2020年度の大学入試で導入される予定の英語ライティングとスピーキング試験。ところで2020年に導入される試験はどんな試験になるのでしょうか?

実は世界的に英語力を測る試験といのうはそれほどパターンが無く、2020年度に導入されるであろうスピーキング試験もおおよそ予測できます

英語力を測定する試験で一番信頼できる2つの試験は、TOEFL(アメリカのETSが実施)、とIELTS(British Counselが実施)です。

今は、IELTS/TOEFLのどちらでもイギリス、アメリカの大学にほぼどこでも応募できます

これらの試験、及び英検1級を含めてスピーキング試験のフォーマットはほぼ同じです

それは、1分考える時間を与えられて、2分間話すというスタイル

基本はこの考える時間を与えられて、スピーチにまとめるというスタイルを2020年度の大学入試でも踏襲すると考えられます。但し、IELTSやTOEFLは大学院・大学に留学するに相応しい英語力を見るのでCEFRでC1レベル(英検1級レベル)を測定することに重きを置いています。一方で大学入試では満点をCEFRでB2 (英検準1級)レベルに置いており、さらに英検3級程度のレベルまでのスコア分類が行われると予測されます

まずは準1級、または2級レベルの受験者を測定するため、30秒考えて、1分話すという試験を実施

それに加えて、準2級、3級レベルを判定するために、基本的な短文Q&Aの試験(スピーチがしっかり作れない生徒向け)が実施されると予想されます

実際にはTEAPという2020年度の大学入試にむけた候補試験ではこの形式が取られています

ところで、CEFR C1, B2, B1, A2というのはどれくらい話せるのでしょうか?

以下の英検協会のサイトが参考になります

動画で比べる!グローバル人材のコミュニケーションイメージ

ぜひとも皆様にご理解いただきたいのは、英検協会自体がIELTSを請け負っており、CEFRを意識した取り組みを実施していることです。英検1級の試験に奇問が出たのははるか昔の話でいまや英検は3級レベルからライティングも導入されており4技能試験への対応をCEFRに準拠する形で進めています。このような情報からも2020年度の英語試験のあり方を予測することが可能です

バリューイングリッシュでは、英検1級2次試験対策講座での長期の実績があり、受講生からも大変好評をいただいております。英検1級2次試験の指導が出来るレベルですので、当然準1級にも十分対応できます。