お悩み相談:スラスラ話せるようになるには

お悩み相談室

昨年末開設したばかりのお悩み相談室!2回目のお悩みは

英語をすらすら話せるようになりたい

でした。これは多くの方が悩まれていることではないでしょうか。複数の生徒様からアドバイスをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

回答その1 話すスピードではなく中身で勝負!(K様より)

「すらすら喋れるようになるには」というお悩みということなのですが、自分はそのように話せる必要はないのではないかと思っています。

かなり特殊な環境にならない限り、第二外国語をネイティブレベルに話せる人はほとんどいないように思うので、その場合、話す中身で勝負した方が良いのではないか、と自分自身のことも含めて感じています。その方が、たとえ英語の文章としては不完全な部分があっても、中身のある話をする人だと思われるのではないかと思います。

また、最近は世界中で英語を話す人たちが増えたので、plain English ということが言われますよね。要はお互いの理解を妨げるような難しい言葉や言い回しを使わず、平易で相手に伝わる話し方をするということらしいですが、その方がコミュニケーションという点では良いのかなと思います。

あと、改めて自分が目指しているレベルを明確にすることも大切だと思います。英会話には、日常英会話・ビジネス英会話・一般英会話がありますが、どこを目指すかによって学ばなくてはいけない語彙や背景知識が変わると思います。

上記のようなことをコツコツ積み上げて、私自身も良いイングリッシュ・スピーカーになりたいと思っています。

ただ、皆の前で何かを発表をしなくてはならないというような場合もあると思います。その場合は流暢に話をした方が話す内容への信頼度が上がると思います。そういったシチュエーションでは、あるキャラクターを「演じる」というのも一つの手だと思います。それは、自分が「この人素敵!」と思うイングリッシュ・スピーカーを探して、真似をするということなんですが、具体的なイメージから得られるエネルギーてすごいと思います。映画館から出てきた後みんなが主人公っぽい振る舞いをしてしまう、というような心理学に似ていると思います。これお勧めです(^^♪

また、これは自分が何となく抱いた感想なのですが、柔軟性があって、何とかその社会に溶け込まなくてはいけないという気持ちがある人は外国語が身につくのが早いな、と思います。同じ年数日本にいる外国人夫婦でも、日本語力にはすごく差があります。その場合、柔軟性があって、何とかその社会に溶け込まなくてはいけないという思いが強かったんだろうなという印象の人の方が、自然な日本語を話しているように思います。そういうところを自分も見習わなきゃいけないなと思います。

回答その2 音読と英作文で訓練を(英検1級と通訳案内士に合格のN様より)

最初に私はスラスラ英語を話せませんとお断りしておきます。したがいましてまだ発展途上中のアドバイスと思ってください。

今の時点では相当準備しないと英語を話せないような段階です。ただ、話すための自習としては音読と英作は英語を話すのに役立つようです。そのような本もたくさんでています。(有名なのは森沢洋介さんの「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」) この音読と英作文どちらがいいかには意見が分かれているようです。おそらく学長の堀場さんもこの英作文トレーニングを勧められると思います。(以前すすめられたような気がします。)

ですが私は、音読も英作も両方必要であると思います。 英作だけで簡単にしゃべれるようになるとはとても思えませんし、音読は簡単すぎて効き目がなさそうですが馬鹿にできない練習法です。音読はおそらく英語の構文理解に役立つのではないかと思っています。暗記はたくさんの方が暗記だけではしゃべれるようにならないとおっしゃいます。私も同意しますが、なにか重要なフレーズなどを覚えておけば、英語が出てこないときに助かるとは言えます。

またたくさん英語でしゃべる、たとえばスカイプレッスンや対面レッスンで沢山しゃべることも重要でしょう。つい先日ある大学の教授が「自分は英語が全然だめで」といいながら、どんどん留学生としゃべっているのをみて唖然としました。 やはりしゃべりたい、しゃべらなければいけないという状況を作ると英語をしゃべれるようになるのではないでしょうか?

Value Englishでは、NANAやEMSがおしゃべりをする相手として最良と思います。 この先生たちは、間違いをきつく直さないですから、英語でのしゃべりを楽しめるでしょう。もちろんほかのズバッと間違いを指摘してくれる先生方も英語のレベルをあげるのには貴重な存在です。

以上長々となりましたがまとめると
1)英作文、音読はどちらも英語をしゃべるのに有効です。
2)英語を喋りたい、しゃべらなければいけない状況を作る。
3)楽しく英語のおしゃべりができる講師をみつける。

あと蛇足ですが、英検1級と通訳案内士試験の模擬レッスンに通った経験からもうしますと、通訳案内士の方がプレゼンなどではるかにしゃべる能力をもっているようだとの感想を持ちました。もちろん英語の程度(単語や話す内容など)はかなり通訳案内士試験は低いですが、通訳案内士はとにかくないかしゃべらなければいけないので上記2)の要件に合うようです。

以上まだまだ修行中の段階ですがアドバイスを書きました。

回答その3 間違えを恐れないこと!勢いも大事!?(K様より)

簡単にですがアドバイスさせていただきますと、やはり間違いを恐れずどんどん話してみる勇気が必要だと思います。私は時々英語を使う仕事をしていますが、英検1級も持っていませんし、決してスラスラ話せるわけではありません。しかし頭で考えてしまうと、会話はスムーズに進まないので、細かいことは気にせず勢い(?!)で伝えると、案外いけるものです。相手にどう思われているかは考えないことにしていますが、後輩にはこれでも流暢に話せていると認められています。こんな精神論では何も役に立たないかもしれませんが、一度恥を忘れて勢いで話してみてください。なんちゃってスラスラになれますよ^^

ご回答を送ってくださったK様、N様、K様、ありがとうございました。

そして第3回のお悩みですが、こちら!!

英語でのグループトークをどう乗り切るか

ご回答・ご意見はメールにて受け付け致しますので、上記のお悩みに対してご意見やオススメ学習法などございましたら、ぜひお送りください。

info☆valueenglish.com
☆マークを@に変えてください。
タイトルには「お悩み相談の回答」と明記してください。

送っていただきましたアドバイスは、こちらで責任を持って相談者の方にお届けさせていただきます。また、メルマガやブログでも回答としてご紹介させていただければと思います。 皆様からのご意見を心よりお待ち申し上げます。

なお、随時お悩みも受け付けておりますので、こちらも上記アドレスに「お悩み相談希望」とご記入の上お送りください。英語学習についてお一人でお悩みのあなた、バリューイングリッシュには有能なお客様がいっぱいいらっしゃいますので、ぜひご相談ください^^


Copied title and URL