IELTS対策講座の活用方法~スピーキング力向上に、英検対策にも


先日お客様からこんな質問をいただきました。学長堀場からの回答と共にご紹介させていただきます。

ILETSの試験を受ける予定はないのですが、スピーキング練習に受講を考えています。効果はありますか?

はい、十分にあると思います。IELTSの試験は1分考えて2分で意見を述べるというもので、テーマは「Talk about something you own which is very important to you」など一般的なものが多いです。ですので、留学目的だけでなく、幅広い年齢の方のスピーキング練習に向いていると言えます。

そもそも、IELTSとはどんな試験かご存知でしょうか。そこからお話してみましょう。

International English Language Testing System(IELTS:アイエルツ)は、海外留学や研修のために英語力を証明する必要のある方、およびイギリス、オーストラリア、カナダなどへの海外移住申請に最適なテストです。イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほぼ全ての高等教育機関で認められており、アメリカでも TOEFLに代わる試験として入学審査の際に採用する教育機関が3,000を超え、英語力証明のグローバルスタンダードテストとして世界中で受験者が増え続けています。世界で年間300万人が受験しています。2010年度の日本国内における受験者数は、前年度の40%増で初の10,000人突破。2016年度には37,000人に達し、公益財団法人 日本英語検定協会が運営に携わってから6年で約4倍増となりました。
(出所:日本英語検定協会のIELTS公式ページ

IELTSの良い所はTOEFLではコンピューターに向かって話すという若干不自然な試験ですが、IELTSは試験官との対話形式の試験です。実際に学長堀場がIELTSのスピーキングの試験を受けてみて感じた事は、限られた時間なので、自分を良く見せるという手法は若干は使えるもののベースとなる得点は実力が反映されるということです。

バリューイングリッシュでは、IELTS Speaking Score 8.0の学長とIELTS Speaking 8.5のフィリピン人講師が共同でスコアアップのためのシミュレーションテストやスコアアップのためのフィードバックを開発いたしました。当講座は、コンテンツ開発者の直接指導を受けた、IELTS対策の認定講師たちが指導をいたします。(現在はEms講師、Nana講師、Angel講師の3講師です。)

この1分考えて2分話すというのがしっかりできると、英検1級及びIELTS7.0のレベルに相当しますので、「まだ英検1級には届かないけど、将来的には1級を取りたい!」と考えている方にもオススメできます。

ILELTS講座をぜひ試したい!という方には無料で1コマご用意させていただきますので、メールまたはお問合せフォームよりご連絡くださいね。