発音コース

発音コース

カリキュラムの目的

英語で自分の意思を伝えるのに、重要な要素である英語の発音(音声体系)をマスターし、ネイティブに負担をかけない分かりやすい英語を話し、リスニング力を同時に向上させる。

カリキュラムの理論及び背景

皆さんは、発音が上手くできないために、困った経験はありますか?困った経験の無い方は要注意。発音はちゃんと練習しないといつまでたってもできるようにならないんです。さあ、いざ英語で話すぞ!となって全く英語が通じない…とショックを受けてしまうことがよくあります。実はコンテンツ開発責任者の私は、アメリカ留学前まで発音なんて、TOEICやTOEFLの役に立たないし意味無いよ!って思っていました。でもとても大事なんですよ。

私の経験や周りの人の英語力から判断して、TOEIC 730点以下で発音の教育をしっかり受けた事がない方で、発音に困った事が無い方は要注意です。

なぜつまずく事があるのか?日本語の母音は、5音(あ、い、う、え、お)だけですが、英語は19音もあります。日本語の母音で発音するといくつかの母音がすべて同じになってしまうため、ネイティブにとても分かりにくくなります。例えば、MapとMopの発音は日本人が意外と間違えてしまうのですがしっかり区別できますか?私は、ウォルマートで、Mapはどこにありますか?と聞いてMopを渡された事があります。 CityとShittyは大丈夫ですか?日本人が苦手な音はLとRだけではありません。

それでもぴんとこないな~と言う方、あなたが分かりにくい日本語で話しかけらた時の事を想像してみてください

逆に、英語圏の方は二重母音が苦手なんです。よく、かわいいとこわいを区別できない人がいます。私のアメリカ人の友人が、六本木のクラブで一度、”君かわいいね!”といったつもりが、”君、こわいね”になってしまって、相手は”???”となっていました。あなたに日本語で話しかけた人がこんな間違いをしたら理解するのに負担がかかりませんか?

発音ができているかどうかは自分では判断しにくいのでぜひ一度、バリューイングリッシュの先生にテストしてもらってくださいね。

カリキュラムの効果

英語の発音(音声体系)を身に付けることで
1) ネイティブに負担をかけない分かりやすい英語の発話を身に付ける
2) リスニングスキルを大幅に向上する(TOEICの引っ掛け問題にだまされないようになる)


講座受講前に必要となるスキル

特に無し、但しチューターは日本語が分からないので、クラスがすべて英語で進む事への抵抗が無い事

講座受講期間の目安

週二回で3ヶ月~6ヶ月の受講で効果が得られる事を目指す。

発音レッスンの進め方

8回の授業の初回で、発音チェックを行い、まず自分の発音の弱点を診断します。診断結果サンプルは下記をご覧ください。
その診断に基づき、2回〜7回の授業では母音19個、子音24個(ページ下部の表をご参照下さい)の中から毎回1つの発音を重点的にレッスンします。(基本的な母音をマスターしてから子音のレッスンに移ります。)
8回目の授業で再度発音チェックを行い、コースを通じてどのくらい上達したかが分かります。
(発音チェックの結果、分析は、レッスン終了後すぐに先生から送られてきます)

毎回のレッスンでは独自の教材(参考ページはこちらからご覧いただけます)を使用し、25分間一つの発音を徹底的にレッスンします。

上級者には発音だけでなく、声の強弱なども学習内容に含まれます。


料金・回数

コース名 回数 料金 レッスン1回
あたりの料金
 
発音コース 8※ 5,980円
(税込み)
746円
※講師Nanaは6回のコースとなります
【会員専用】このコースを履修する


無料お試しレッスンはこちらから



アメリカ英語発音一覧 母音

アメリカ英語発音 母音


アメリカ英語発音一覧 子音

アメリカ英語発音 子音


発音チェック結果サンプル

アメリカ英語発音 子音

緑:問題無し
黄色:聞き分け可能
赤:練習が必要

以上のように分類され、赤マークがついた発音を重点的に学習します。



本コース対応可能講師


無料お試しレッスンはこちらから
ご質問・お問い合わせはお気軽に。 080-8824-7187 対応時間:9:00〜18:00