English Central 活用方法

Share  

これはすごい!ビデオを使って無料でできる発音チェック&ディクテーションの練習

英語学習のためのツールはものすごいスピードで進化していると実感させられたのがこのEnglish Centralです。このツールはぜひ皆さんに活用していただきたく、活用いただくための使い方をアドバイスさせていただきたいと思います。バリューイングリッシュでは、オンライン英会話事業を通じ質と価格のバランスの取れた英会話学習機会を提供できるよう日々努力しておりますが、このサービスが無料で利用できるというのは私自身もびっくりです。

このページでは、English Centralを利用した英会話のために必要なちからの一つ「伝わる力=発音力」の鍛え方をご紹介します。

バリューイングリッシュで発音講座を受講中の皆さまはぜひ発音講座の補助教材としてお使いください。


【登録まで】


English Centralのサイトにアクセス


以下図1の右上、「未登録?English Centralに登録しよう」から手順に従い登録をして下さい
どうしても自分のE-mailアドレスを入力するのが不安だという方は、
Yahoo、Google、Windows Live等のフリーのアカウトで登録しましょう




【実際の練習の仕方・活用方法】

使い方はとても簡単
基本的には、勉強しやすいビデオを選んで、ただひたすら練習するだけです。

1,ビデオを選ぶ
一番簡単なのは、ログイン後スクロールするとすぐ下にある「最新のビデオ」や「注目のビデオ」から選ぶという方法です

慣れて来たらもう少し戦略的にビデオを選びます。
「勉強は継続できてなんぼ」です。

継続するためには、
● 興味がある事をする
● そして自分の身の丈にあった教材(レベルを一つ落とし簡単なものから練習)を選ぶ
● あまり一度にたくさんやろうとせず少しずつ小分けしてやっていく
の3点が重要です

その方法は、
(1)ページ上部のタブで「ビデオ」をクリック
(2)次に難易度を選択
(3)最後に興味のあるカテゴリーを選びます



2,それでは、早速練習してみましょう!


(a)
実際の練習を開始する前に、一番初回には、マイクの設定をしておく必要があります。
これはビデオの右下の「マイク設定」から設定を行います。
通常は、マイクが接続されている状態であれば、指示の通りクリックしていけば無事完了します。

(b)
練習にあたっては、まず一度すべて聞き流します(リスニング)。この時は左下の「せりふ一行ごとにビデオを止める」のチェックをはずしておきます。
(難しいな~と思う時は何度か聞いておき、この時にしっかり意味を理解しておきます。わからない単語等はしっかりわかるように、つまり日本語の訳と英語がしっかり結びつくようにしておきます)


(c)
次に左下の「Record」のボタンを押すと録音が開始されます。録音が終わったらもう一度「Record」のボタンを押します。得点が安定するまで何度かやってみしょう。
無事録音できるとすぐに結果を教えてくれます

(d)
うまくいかなかった所(色が黄色や赤)をマウスオーバーすると(カーソールを単語、上の例ではbrainstormingにあてる)と正しい発音と自分の発音をその単語ごとに聞く事ができます。成績の悪い所で確認してみましょう。この時、正しい発音を聞きながら何度か練習します


(e)
時間がある時は、個別の音をクリックします。するとその単語のどこの音ができていないので点数が低いかを教えてくれます。上の例では”ER”ができていませんね。

正しい発音と比べながらどこができていないか?自分なりに何度か繰り返し声に出して練習しましょう。

また、自分が良く間違える発音がないか?を確認していきます。いつも引っかかる音がある場合はその音を重点的に対策します。(この音はノート等に書き留めておいて苦手な音を把握できるようにしておきましょう)

基本的には、一つのビデオは大体1分程度なので、1つのビデオの学習はできる限り10分程度で終わるように学習を進めていきます。ビデオ一つやり終えると達成感がありますよね?この達成感を味わいながら例えば毎日1つのビデオを15分学習する!と決めて継続的に学習します。

もちろんある程度(10個のビデオ)練習した段階で、量ではなく質を高める練習も大事です。この時、10個学習したビデオで、一つビデオを選び復習します。この時は、満点を取れるように頑張ってみましょう。


3,苦手な音を克服する!
一番はやはり先生からフィードバックをもらう事なので、ぜひバリューイングリッシュの発音講座もご活用いただきたいところですが、自習で何とかしたい!という方のために2つ方法をご紹介させていただきます。

(1)苦手な音を書籍で勉強
以下2冊の書籍で学習される事をお勧めします
英語耳発音ができるとリスニングができる(CD付き)
英語の発音パーフェクト学習事典

(2)苦手な音を個別の音のビデオを使用し練習する
Iowa大学の個別発音 発話方法ビデオ
各個別の音へのたどり着き方が分からない場合は、バリューイングリッシュの発音講座の教材ページよりCourses(教材)のセクションからvowel(母音)、consonant(子音)のリンクから個別の音のページをクリックいただくと、どのようにクリックすればいいかがわかります。
例えば、cat[ae]の音のページはこちら


【発音講座受講中の皆さまへ】


よろしければ、ぜひEnglish Centralのバリューイングリッシュのグループにご参加ください!
みんなで勉強した方が効率良くなると思います。
また、発音講座をご受講中の方々はすでに自身のご体験を通じてご存じかと思いますが、発音は自分だけで治すのはとても難しいともいます。もしもそれができるならこれほど多くの方が苦労はしないでしょう。

English Centralでチェックはしてくれますが、ここを直しなさいと言ってくれるわけではありません。(ここまでコンピューターができるようになっちゃったら先生いらなくなっちゃいますしね。。)
English Centralは、カラオケに例えると、採点機能が付いていてその判定の元となった歌(発音)が聞けるというようなイメージです。

それでは、発音講座との相乗効果を上げるためにどう学習すればよいか?ですが、以下のステップを参考にしてください。

Step 1
授業以外の副教材としてEnglish Centralを活用する。とにかく色々なビデオに挑戦し、どうしても点数が上がらない文章はその文章をテキストエディタ等に書き留めておく
(次回の授業でスカイプのチャットにコピーできるようにしておく)

Step 2
授業の初めや終わりにその文章を講師と一緒に練習しアドバイスをもらう
この時、どの音の判定でXが出たかを先生に伝え、重点的に練習します

Step 3
今一度English Centralでチャレンジしてみます

(それでも治らない場合⇒)
めちゃくちゃ気になると思いますが、講師が理解できるかどうかを一つの基準にしてください。完璧である事も重要ですが、一つにこだわりすぎるのは弊害があります。それよりは一つでも多くの別の教材を練習していく中で自然と解決される場合もあります。
こういう時は、きっとまだまだコンピューターの精度が甘いのだろう。。と納得しましょう

毎回個別の音の詳細を確認して特定の音が悪い場合は(例えばいつもrができてないという判定)それを講師に伝え、定期的に練習してください。(例えば毎月1回その音の練習を入れる等)
必要に応じてコンテンツ開発責任者までご質問下さい。
E-mail または twitterにて @valueenglish までどうぞ

またバリューイングリッシュではこのような有益な英語学習を見つけた場合、twitterなどで広く告知させていただきます。よろしければぜひ我々のtwitterアカウントFacebookアカウント(ValueEnglish)をフォローください。


ご質問・お問い合わせはお気軽に。 080-8824-7187 対応時間:9:00〜20:00