【2020年度英語大学入試改革】民間試験・資格活用ガイドライン案公表


大学入試センターは、2020年度大学入試改革より採用される英語4技能を測定するための民間英語資格・検定試験の活用において、23の資格・検定を公表しました。

今回の大学入試センターの発表や、国立大学協会による「大学入学共通テストの枠組みにおける英語認定試験及び記述式問題の活用に関するガイドライン」で分かったことは、いずれの試験にせよ、すべての試験をCEFRをグローバルな基準(ものさし)として相関を取り、CEFRに沿った形で評価するということです。

これは、当初バリューイングリッシュでも予測していた通りでした。当校としては、今まで10年間提供している英検やIELTS対策で2020年大学入試で満点(CEFR B2、英検準1級レベル)を取るのに十分な対策を取ることが可能です。

Continue reading 【2020年度英語大学入試改革】民間試験・資格活用ガイドライン案公表


2020年度 英語大学入試改革:スピーキングはどんな試験?


2020年度の大学入試で導入される予定の英語ライティングとスピーキング試験。ところで2020年に導入される試験はどんな試験になるのでしょうか?

実は世界的に英語力を測る試験といのうはそれほどパターンが無く、2020年度に導入されるであろうスピーキング試験もおおよそ予測できます

Continue reading 2020年度 英語大学入試改革:スピーキングはどんな試験?


2020年度 英語大学入試改革:何時間勉強すればいいの!?


2020年度英語大学入試改革に関連して、そもそも英語ができるということはどういうことだろう?英語学習の到達度として、どういうステップを踏んでどう学習していけばいいのだろう?

スピーキングでは何ができればいいの??と不安を感じている方もいるとおもいます

今回は、そんな疑問に英検1級を持ち、留学経験もある学長の堀場英雄が答えたいと思います!

Continue reading 2020年度 英語大学入試改革:何時間勉強すればいいの!?