お悩み相談「時間をかけないと満足のいくessayが書けない」に対する学長堀場の回答


前回のブログでは、英検1級を目指されているお客様からいただいた「時間をかけないと満足のいくessayが書けない」というお悩みに対して、今回の英検1級一次試験に合格された方からいただいたアドバイスをご紹介させていただきました。「いいね!」を下さった皆様、ありがとうございました。

今回は学長堀場からのアドバイスをご紹介させていただきます。

試験に向けた対策について

ライティングの作成に時間がかかりお悩みとのこと
今後、実際の受験に向けた対策方法について簡単にアドバイスさせていただきます。

まずは、時間をじっくりとかければExcellentがもらえるとのことですので、これは自信を持ってよいと思います。

一方でご自身で指摘されている通り、実際の試験では何時間かけて書くわけにはいきません。

試験に合格を目指すのであれば、例えば、5分で考えて15分で書き上げるなどの、実際の試験に近い「制約」を設けてとにかく書くことが大事です。

1)時間(例えば20分 ※できるだけ考える時間、書く時間と細かく分ける)を決めて取り組む

2)1)は残しておいて、自分が満足できる内容を時間をかけて推敲する

3)1)と2)を比較しどこがどう違うのか?を分析する

もちろん同じ質にはなりませんが、できるだけ近づけるということです。
試験では満点を目指してはいけません、合格点が取れれば良いです。

大きな差がある場合は、
推敲の時間が足りない?
書くのに時間がかかる?
結論(スタンス)を決めるのに時間がかかる?
サポート文章を考えるのに時間がかかる?
このように問題をきりわけけることで、英語自体の問題か?テーマに対する理解度の問題か?などの課題の切り分けも可能です。