通訳案内士有資格者の方で観光庁研修を受験予定の方へ


学長堀場です。前回私のつぶやきに反応くださり、ありがとうございました。さて、平成30年度観光庁研修(全国通訳案内士試験受験予定者向け動画研修)にはお申し込みされましたか、受験されましたか。

私、受けましたよ!しぶしぶ。

流れとしては、180ページあるPDFを読み、ビデオ60分×3回見て、効果測定テストの受験。

180ページ読んで、ビデオに180分?!うんざりですよ!

暇人じゃないんですよ!って思いますが、これも何を求められているのかから逆算すれば、30分かからずに終わります。興味ある方は、下記私の受験の仕方を参考にしてください。

まずビデオ1本目を1分見たのですが・・・、59分まで早送り。最後の1分をまた見て、すべて見たことにする。(2分×3本)

次に試験問題を確認。〇×問題なので、ビデオの内容はまったく必要ないのだと再確認。問題文をPDF検索、関係する場所だけを読んで回答する。(20分)

以上、30分かからず終わらせる方法でした。正直、こういうことはやってはダメだと思っている方(そう教育を受けてきた方)が多いと思います。
今回の試験も時間がある方や、全部読みたい、全部見たいという方はやればいいのです。でも私は、何を求められているのか逆算します。普段からそういう考え方を意識しています。英検などの試験もそうですが、満点を取るためではなく合格するにはどうすればいいのかを考えると、近道を導きだせることもあります。

私の意見に賛同いただき今回の観光庁研修も効率よく済ませたい方、ご相談に乗りますのでメールにてご連絡ください。