2020年の英語大学入試 スピーキング試験の認定試験ついに決定!?


2020年の英語大学入試では、民間試験の活用が予定されています。どの民間試験が「認定試験」(大学入試英語成績提供システム)に選定されるか?は18年3月に公表予定です。現在、この認定試験に申し込んでいる試験は以下の通り。

大学入試英語成績提供システムへの参加の申込のあった資格・検定試験

TOEFL iBTテスト
IELTS
英検(実用英語技能検定)
TEAP
ケンブリッジ英語検定
TOEIC
GTEC

いずれにしても、ポイントは大学入試センターと各試験大体で意見交換を18年3月までに実施しながら、CEFR(セファール)を統一評価基準にし、その統一基準(各試験のCEFR対照表)が大学入試センターから公開されるということです。

バリューイングリッシュは、英検1級2次試験対策、IELTS、TOEFLなどの海外大学院留学対策のための試験対策講座を提供しております。

今回の2020年大学入試対応プログラムを現在企画中です。

今回の2020年大学入試では、CEFR基準に準拠するということは、その基準に合わせスコアが算出されると予測されます。

つまり、
英検準1級相当(CEFR B2)
英検2級(CEFR B1)
英検準2級(CEFR A2)
英検3級(CEFR A1)
のような4つのバンドになると想定されます。

いくつかの試験が認定試験として認められると考えられます。その場合の公平性は、もちろんCEFR基準に準拠で決まるわけで、「各試験のCEFR対照表」が非常に重要になります。

(参考)
大学入試センター(大学入試英語成績提供システム基本情報)